株式会社 甲斐ガス圧接  

TEL 03-3613-5385 FAX 03-3613-5381

令和元年度第2回溶接技術講習会

令和元年11月10日に今年度第2回目の溶接技術講習会を開催いたしました。
今回もCB溶接の技術向上を目指し指導員の元訓練を行いました。
午後からは JIS Z 3882の検定試験に準拠してテストピーの作成を行い、UT検査実施後曲げ試験4本、引張試験1本の破壊試験を実施いたしました。
皆、問題なく合格しており、着々と技術を上げております。
これからも、甲斐ガス圧接は信頼される鉄筋継手を提供して参ります。




令和元年度第2回圧接技術講習会

令和元年10月20日に今年度第2回目のガス圧接技術講習会を開催いたしました。
今回はSD390 D51においてメーカーが違う鉄筋の接合性の確認を行いました。
それぞれA社・B社の鉄筋を一時加圧終了時点で作業をやめて、曲げ試験を実施しました。
試験数がまだ少ないためハッキリとした差異は判りませんが、普段の現場施工での重要性は再確認する事が出来ました。



暑気払い!!

令和元年7月6日(土)に毎年恒例の暑気払いを会社近くのとり若さんにて行いました。
昨年は6月末に梅雨が明けて、猛暑続きでしたが、今年はまだ梅雨真只中、半袖姿では肌寒いという中での暑気払い?(笑)
とはいえ、日中は梅雨特有のジメジメ感の作業が続くので、熱中症には充分注意してもらいたい旨を伝え、楽しいく、笑いある時間を社員一同が共有する事が出来ました。
今後、益々繁忙時期を迎えますが、全社一丸で安全第一・高品質の継手作業を施工して参ります!



今回から司会進行役の花岡主任
今回から司会進行役の花岡主任

相変わらず元気な横山職長
相変わらず元気な横山職長

新しい事務員の渡辺さん
新しい事務員の渡辺さん

令和 元年度 第1回 溶接技術講習会

令和元年6月30日(日)に第1回溶接技術講習会を開催いたしました。
今回はCB溶接の技術向上を目指して訓練を行いました。
各自がより良いCB溶接の継手を安定して提供できるよう、努力して参ります





令和 元年度 第1回 圧接技術講習会

令和元年6月16日(日)に第1回ガス圧接技術講習会を開催いたしました。
今回、午前中は岩谷瓦斯のご厚意により水素・エチレン混合ガス圧接技術講習会を開催させて頂きました。圧接する際のポイント等細かく指導いただき、大変勉強になりました。今後資格取得に向けて、取組んで参ります。
午後からは半日と短い時間でしたが通常の講習会として日々のガス圧接施工の再確認を行いました。今後も講習会を通じ社員一人一人の技術と知識のレベルアップを図りお客様に喜ばれる鉄筋継手会社を目指して参ります。

水素・エチレン混合ガス座学講習
水素・エチレン混合ガス座学講習

水素・エチレン混合ガス圧接実技講習
水素・エチレン混合ガス圧接実技講習







平成30年度 第3回 溶接接技術講習会

平成31年3月10日(日)に30年度第3回目の溶接技術講習会を開催いたしました。
今回は弊社の行う溶接工事にメイン作業であるCB溶接(エンクローズ溶接)の講習を行いました。CB溶接の検定試験は JIS Z 3882に準じて行われるので、仮想検定試験を想定して試験を行いました。また同時に JRJS 0006 による超音波探傷検査も実施しUT検査と破壊試験の関係性のデータ取集を行い、日々の実作業に役立出てればと思っております。







平成30年度 第2回 ガス圧接技術講習会





平成30年10月21日(日)に 平成30年度第2回圧接技術講習会を開催致しました。
今回の講習会はガス圧接の知識向上と日々使用している電動加圧器のメンテナンス講習等を中心に行いました。
各層、職長・補助工・研修生と3グループに分かれて日頃行えない講習を実施し日々の作業に役立つ講習会となりました。

電動加圧器のメンテナンス中
電動加圧器のメンテナンス中

4種取得に向けての訓練中
4種取得に向けての訓練中

研修生も必死に勉強中
研修生も必死に勉強中

平成30年度 第1回 溶接技術講習会




平成30年7月1日(日)に 平成30年度第1回溶接技術講習会を開催致しました。
弊社の溶接工事は CB溶接・フレア溶接・雑鍛冶工事などありお客様の要望に喜ばれる
継手会社を目指しております。
今回はフレア溶接及びJIS検定試験の訓練を行い技術の再確認を行いました。





平成30年度 第1回 ガス圧接技術講習会

平成30年6月17日(日)に 平成30年度第1回圧接技術講習会を開催致しました。
今年度は各職長及び補助工の知識向上を目指して取り組んでまいります。
ガス圧接の接合理論や、使用する工具の知識なども勉強してまいります
その第一段階として今回は鉄筋工事の構造図をしっかり理解できる圧接技術者を目指し職長・
補助工に分かれて勉強会を行いました。
技術面では半自動加圧ポンプを使用して加圧・加熱の再確認を行いました。








平成29年度 第3回 溶接技術講習会





平成30年3月11日(日)に溶接の技術講習会を行いました。
今回はCB溶接の社内技量確認として JIS Z 3882 に準じて行い講習受験者全員が合格致しました。CB溶接においては日頃から訓練を実施していないと、技量が落ちる事が有るので、このように社内講習会を実施して技量のレベルアップ・維持に努めております。
また、当日はCB協会様立合いの元3名の作業員が上級試験を受験いたしました。結果はまだ判りませんが、日頃の成果が出せた試験になったと思っております。
弊社として、今後も安定した溶接継手を提供できるよう日々努力を積んでまいります。






平成29年度 第2回 溶接技術講習会





平成29年11月5日(日)に 29年度第2回の溶接技術講習会を開催いたしました。
前回に続きCB溶接の各自の課題に対して指導員からの指摘を改善し、検定試験を想定した
模擬試験を実施して技量の確認を行いました。
試験片に対しては超音波探傷検査を実施し、破壊検査の引張・曲げ試験を行い合否を判定し見事に全員合格致しました。まだ、経験の浅い作業員は本試験と模擬試験での結果が相違しないことが多いので、常に安定した品質を確保できるよう頑張ってもらいたいと思っております。
また、被覆アーク溶接棒の立向き専用棒を使って日頃から使用している溶接棒との違いを再確認しました。今後も甲斐ガス圧接は高品質な溶接継手を提供するために全力で努力してまいります。




平成29年度 第2回 ガス圧接技術講習会

平成29年10月22日(日)に29年度第2圧接技術講習会を開催いたしました。
当日は生憎の天気でしたが、予定通りにスケジュールは進み満足のいく講習会となりました。
弊社におきましては、定期的な講習会・品質会議などを実施し各作業員の技術力向上を目指しております。







SD490の限界値を見極める為、普段とは逆にどのようにしたら熱影響部で破断してしまうかの
再確認を行いました。意識して立ち上がりをきつくしてつば型にしても、なかなか破断しなかったり改めて、鉄筋継手の難しさを知りました。





8名在籍しているフィリピン研修生も、職長による作業の流れについての講習を行いました。
日々の作業において、どのような段取りを行えば効率よく作業が進むのかをみんなで話し合い
翌日からの作業で実行することになっています。

平成29年度 第1回 溶接技術講習会

29年7月2日に29年度の第1回溶接技術講習会を実施いたしました。弊社におきましては年3回の講習会実施が義務付けられております。
今回はエンクローズ溶接・CB工法の検定試験を想定して、模擬試験を実施いたしました。講習会に参加した者の1/3は資格未取得者なので、本番を意識しての訓練はとても、為になった講習会でした。また、半自動溶接機のメンテナンス方法なども講習し、とても有意義な講習会になりました。






平成29年度 第1回 ガス圧接技術講習会

平成29年6月27日(日)に29年度の第1回技術講習会を開催いたしました。
今年度は一昨年に取り組んでいたSD490のさらなる高品質な施工ができるよう作業標準の改善に取組んで参ります。
また補助工・研修生の技術・知識のレベルアップを目指し、上位資格の資格取得を目指します。





平成28年度 第3回 ガス圧接技術講習会

29年3月26日に28年年度の第3回目のガス圧接技術講習会を実施いたしました。
今年一年は密着工程の重要性にこだわり、一次加圧終了時の1.2Dでの曲げ試験合格を目指し取り組んできました。この、一年で取り組んできた事を日々の現場施工に活かしていきたいと思います。






平成28年度 第2回 溶接技術講習会

平成29年3月12日(日)に28年度溶接技術講習会を実施いたしました。
今回は半自動溶接機と手溶接機を使用して横向きの鉄筋フレア溶接の訓練を行いました。
半自動溶接においては鉄筋のフープや帯筋などでD13~D29までの溶接工事が多く受注されており、ハイレベルな溶接工の育成が急務とされています。講習会以外でも時間がある時は各々が自分に合ったレベルの溶接技術の向上を日々目指しています。
手溶接工事においては、構造体としての溶接ではなく架設的な雑鍛冶溶接が多いですが、雑工事でも信頼される工事を行って行きます。

平成28年度12月定例・忘年会

28年12月17日(土)に会社近くの「とり若」にて12月の定例を兼ねた忘年会を実施いたしました。総勢40名全員参加と1人も欠席者が出ることなく行えたことは本当にうれしく思っています。
28年は振り返ると、色々と大変なこともありましたが、大きな災害など無く、忙しく仕事出来たことに感謝しております。
会の途中では、部長賞や功労賞の表彰などもあり、今後さらなる飛躍を目指してほしいものです。







  平成28年度第2回ガス圧接技術講習会

 平成28年度第2回目のガス圧接技術講習会が先週の日曜日10月30日に行われました。
この講習会は年3回実施されており、開催ごとに職長たちのリーダ5名程が集まり講習内容を決めています。 
今回のテーマは「個々の知識向上と密着作業終了までの反復訓練により技術向上と接合までの
再確認を行う!!」 というテーマで開催いたしました。
午前中は知識向上を目指し、構造図の見方確認や接合理論などについて勉強しました。
午後からは密着訓練として、密着終了時点での曲げ試験の実施などで、日頃の現場施工との差異等が
ないこと等確認を行いました。
今回の講習会を機に各作業員の意識改革及び技術レベルの向上に役立っていると信じていると思っております。

川村職長による講習会の説明
川村職長による講習会の説明





初期加熱は還元炎が重要です
初期加熱は還元炎が重要です

密着までの時間や個人のバーナ挿入癖などもチェック
密着までの時間や個人のバーナ挿入癖などもチェック

立川職長によるデモンストレーシン
立川職長によるデモンストレーシン

優秀な曲げ試験結果
優秀な曲げ試験結果

株式会社 甲斐ガス圧接
address : 〒131-0041 東京都墨田区八広4-48-5
tel : 03-3613-5385  fax : 03-3613-5381
mailでのお問い合わせは問い合わせフォームよりお願いいたします。
.